生活に役立つ情報・旬な話題・オススメの物を紹介♪

QuickPick infomation

ビジネスマナー

目上の方へ「以上」は失礼?覚えておきたいビジネスメール結びの言葉

更新日:

メールを打つキーボード

日頃からよく目にする、メールでの「以上」という言葉。

メールの終わりを知らせる『結びの言葉』として多用されていますよね。

しかし、「目上の人にも使っていいの?」「以上だけってなんか冷たい印象を持たれない?」

そんな疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、『ビジネスメールにおける「以上」の正しい意味と使い方』をご紹介いたします。

スポンサーリンク

意外に知らない「以上」の正しい意味

以上の正しい使い方

普段何気なく使っている「以上」にはどんな意味があると思いますか?

実はただ「ここで終わりです。」という意味だけじゃないんです。

 

詳しく説明しましょう。

「以上」は、『記書き』という種類のビジネスメールで使われる「結びの言葉」の一つです。

『記書き』とは、ビジネス文書を作成するときに『挨拶や本文を書いた後、そのほかの内容を箇条書きにするときに用いる書式のこと』をいいますよ。

というわけで、「以上」は本来『箇条書きに用いられる言葉』なんですね。

 

ビジネスメールで「以上」を使うことは問題ナシ!

閃いたときの電球マーク

『箇条書きの際に用いられる言葉』ということは、「以上をメールの文末に書き添えることは、使い方が間違っているんじゃないか?」と思いますよね。

しかしご安心ください。

ビジネスメールで「以上」を使うことは間違いじゃないんです。

 

というのも、メールの場合、手紙と違って「受け取った側が最後まで読んだかどうかが分かりにくい」という難点があります。

手紙だったら、ページをめくっていけば文章の終わりは一目瞭然ですよね。

しかし、メールは文末に「終わりです」という意味の言葉を示さないと「あれ?このメールまだ終わってないのかな?」と読み手を混乱させてしまいます。

そこで、使われるようになったのが「以上」なんですね。

メールにおいて「ここで終わりです」ということを表す言葉として最適だったから、用いられるようになったんですよ。

 

 

目上の人へ「以上」のみは失礼?

上記でビジネスメールで使用しても問題ないことがわかりましたね。

では、目上の人に「以上」のみの文末を送ることは、相手に失礼にならないのでしょうか?

 

結論からいうと、「以上」のみでは失礼に当たります

これは相手の捉え方の問題でもあるのですが、「以上」のみが文末に書き添えることは、用法としては間違っていません

しかし、どうしてもそれだと、少し冷たい印象を持たれてしまうんですね。

メールの最後で相手に悪い印象を持たれてしまっては、今までの努力が水の泡になってしまうかもしれません。

 

使い方が間違っていなくても、ここは相手への気遣いを考えて、「以上」の後に一言別のフレーズを添えるだけで印象もグッとよくなりますよ。

 

「以上」に添えるフレーズ集

ビジネスシーンの参考例

では、『以上の後に一言添えるだけで印象がアップするフレーズ集』をご紹介します。

これを読んであなたもワンランク上のビジネスメールを書きましょう。

メール文末の「以上。〇〇」の〇〇に入れて使ってくださいね。

 

一般的なフレーズ

「よろしくお願いいたします」「なにとぞよろしくお願い申し上げます」

 

検討をうながす場合のフレーズ

「ご回答いただければ助かります」「ご教示願えれば幸いです」

 

御礼や感謝のみのメールを送った場合

「取り急ぎご報告まで」「まずはお礼申し上げます」

 

返事をうながす場合

「御返事お待ちしております」「ご多忙のところ恐縮ですが、ご返答いただければ幸いです」

 

返信が不要な場合

「ご確認いただければ返信は無用です。」「何か不都合がありましたら、お知らせくださいませ」

 

文末の結びの言葉は大切な礼儀

ビジネスメール

ビジネスメールを書く際、件名や本文は相手に失礼のないように注意して書くものですよね。

最初の書き出しにはしっかりと挨拶を添えて、相手への礼儀も忘れません。

しかし、ビジネスメールを見ていると、最初の挨拶はちゃんと書いているのに、『最後の結びの挨拶を書かない方』って驚くほど多いんです。

これはビジネスメールマナーの書き方の本やハウツーのサイトなどを見てもわかるんですが、最後の結びの挨拶の大切さを伝えているところが少ないからです。

 

ビジネスメールは礼に始まり、礼に終わる。

一見当たり前のようですが、これを意識してメールを書くだけで、他の方よりうんと印象が良くなりますよ。

ぜひ、意識して実践してみてくださいね。

 


まとめ

本記事では、「以上」の意味と正しい使い方についてまとめてきました。

それでは内容をおさらいしておきましょう。

①「以上」とは、本来箇条書きの用法に使われる言葉がビジネスメールで使われるようになった。

②目上の人へは「以上」のみでなく一言添えるのを忘れない。

③フレーズを覚えて、相手に合った文章を打つ。

④ビジネスメールは礼に始まり、礼に終わることを意識する。

結びの言葉はビジネスメールにおいて大切なマナーです。

しっかり覚えて相手に好印象を与えましょう!

それだけで、ビジネスマンとして『周りから1歩抜け出した存在』になれるかもしれませんよ。

 

アドセンス 記事下

アドセンス 記事下

いいね

-ビジネスマナー
-,

Copyright© QuickPick infomation , 2018 AllRights Reserved.