生活に役立つ情報・旬な話題・オススメの物を紹介♪

QuickPick infomation

0歳 1歳

赤ちゃんの指しゃぶりは愛情不足が原因!?本当の理由はコレ!

更新日:

指しゃぶりをする赤ちゃん

赤ちゃんが指しゃぶりをし始めると気になりますよね。

なぜ指しゃぶりするのか理由がよくわからないし、そもそも指しゃぶりっていいことなのか、わるいことなのかもよくわかりません。

もしかすると、指しゃぶりをしている赤ちゃんを見て、外野から「愛情不足だ」なんて言われてショックを受けているお母さんもいるのかもしれませんね。

 

そこで今回は、そんなお母さんのために、『うちの娘の指しゃぶりがどうだったのかの実例』と、『赤ちゃんが指しゃぶりをする理由』を書きました。

これを読めば「ショックを受ける必要はないな!」と確信が持てるはずです。きっと気が楽になりますよ。

スポンサーリンク

娘が手を見つけてから指しゃぶりをするまで!

自分の手を見つめる赤ちゃん

赤ちゃんが指しゃぶりを始めたら、それは自分の手を発見した証拠です。

「ハンドリガード」といって、自分の手を認識してじっと見つめたり、体の前で両手を合わせたりしますね。

その延長に指しゃぶりがあります。手を見つけてからじゃないと指しゃぶりはできない訳ですね。

 

うちの娘は2ヶ月半頃から、よく手をまじまじと見つめていました。「なんだこれ?なんか動くぞ」って感じでしたね。その時はなぜか右手ばかりでした。見つけてもらえない左手は可哀そうでしたね(笑)

そして、手を見ているだけから、だんだん食べるようになりました。本当に食べているわけじゃないんですけど、うちでは「食べている」とよく言っていましたよ。口に入れている状態ですね。

 

また、娘は指しゃぶりではなく、よく手をグーにして、こぶしごとチュパチュパしていました。見た感じは赤ちゃんらしからぬ動作でしたね。

その後は足を見つけました。足を手で握り、引き寄せて口に入れるようになりましたよ。「これが足か」と確認している感じでもありましたし、ただただおもちゃにしている風でもありました。

最後に、やっと親指だけ立ててよくあるおしゃぶりスタイルになりました。でもしょっちゅうやっているわけではなく、本当たまーにでしたね。

実のところ、指よりも布製のトトロの人形の耳を食べていました。乾いたらカッピカピになるくらい食べていましたよ。

 

指しゃぶりは愛情不足なんかじゃない!

こちらを見て怒っている嫁と姑

指しゃぶりの理由は愛情不足なんかではないです。それはお母さんが一番わかっていると思います。

どれだけの愛を持って赤ちゃんに接しているか、どれだけの時間を一緒に過ごしているか把握していますよね。10ヶ月も一身同体だったんだし、自信を持って大丈夫ですよ。

私は意味もなく、「一番愛しているぜ、誰にも負けねぇぜ!」ってやたら自信持っていました(笑)

 

実は、私は「赤ちゃんが指しゃぶりをするのは愛情不足」なんて言われることをまったく知りませんでした。娘が指しゃぶりをしだした頃にそんなことを思ったことはありませんでしたし、言われることもありませんでした。

「指しゃぶりするようになったなんて成長したなぁ」って呑気に思っているだけでしたよ。だって、指一本だけ立てられるってとても器用じゃないですか(笑)

愛情不足だなんて私たちの親世代が言うんですかね?本当うっとうしいですね。

 

指しゃぶりをする本当の理由!

横を向いて指しゃぶりをする赤ちゃん

赤ちゃんには「吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)」という反射が備わっています。口の近くにあるものをチュウチュウ吸う反射ですね。

これはおっぱいを飲む為にとっても大切です。この反射があるから、手が顔の近くに来たら吸うんですね。「意識的ではない」ということです。指しゃぶりをする理由の一つですね。

 

指しゃぶりする理由は、「暇だから」「遊びたい」っていうのが一番だと思います。

また、もう赤ちゃんではない1歳9ヶ月の娘を見ていて思うのは「こわい!」とか「不安だな」と思った時にやっていると感じますね。

1歳2ヶ月で卒乳してからは、ごくたま~に指を口に入れています。同年代の男の子のことが苦手なんですが、児童館等で男の子が近寄ってくると、口に手を入れて私のところに走ってきます。逃げてきて「だっこ~」と言ってくっついてきますね。

何か口に入れると安心するんでしょう。「母にたどり着く前にとにかく何かを口に!」と思っているのかもしれませんね。

 

友達の子どもは「眠い」タイミングで指しゃぶりしています。こういう子もいますね。

うちの娘は眠くなると指しゃぶりではなく、私の乳を触ってきます。もうおっぱいも出なくなってめっちゃ小さいのに、安心するんでしょうね。

 

赤ちゃんの指しゃぶりは愛情不足?-まとめ-

うちの娘は生後2ヶ月半頃に手を発見し、こぶししゃぶり、足しゃぶりを経て指しゃぶりを始めました。母である私は「器用なことができるようになったんだな、成長したな」と思っていましたよ。

また、指しゃぶりをする理由は「愛情が足りてないよ」という寂しさからくるものではなく、ただの暇つぶしであると娘を見ていて感じました。

指しゃぶりは赤ちゃんにとっておもちゃだと思います。新しく見つけた「手」という不思議な物体を確認しながら、遊んでいるだけだと思うので、あまり心配しなくても大丈夫ですよ。

 

-0歳, 1歳
-

Copyright© QuickPick infomation , 2018 AllRights Reserved.